キャッシングやカードローンをする際には返済にも気をつけて

多くの人の財布に入っているクレジットカード。

手軽で非常に便利なものなので、皆さん気軽にカードを使って支払をしていると思います。

でも、簡単にキャッシングができるからといって安易に考えていると、困った事態に陥ってしまう可能性もあります。

私の友人が、以前クレジットカードでキャッシングをした際、返済が口座引落だったのですが返済日の残高不足に気付かずに、何回か返済遅滞が続いてしまったことがありました。

本人いわく、恐らく2回分程延滞もしていたようです。

その後、その友人は転職をして、転職先の会社でクレジットカードを作るように支持されて、指定されたカード会社に申請をしたところ、審査に落ちてしまったのです。

友人が調べたところ、返済遅滞と返済遅延をしたことによって信用情報機関に延滞記録が登録されてしまっており、このために審査が通らなかったのです。

結局友人は、転職先に事情を説明することが憚られ、採用を辞退しました。

カード利用は本当に簡単にできてしまうので、つい返済まで考えが及ばずに、返済が遅れてしまったりすることは少なくありません。

でも、たとえ手軽にできるキャッシングであっても、ちょっとした不注意で返済が遅滞や延滞をすると、いわゆるブラックリストに情報が登録されてしまい、自分自身が困った事態になってしまう可能性があるのです。

キャッシングやカードローンを利用する際には、借金をするという意識をもって、間違いなく返済を実施するよう心掛けることが大切です。

関連記事

このページの先頭へ